不動産鑑定士の大切な役割

木造の不動産では木材の含水率を調べる

花を永久に残す方法としては、ドライフラワーにする方法、押し花にする方法などがあります。花は通常は水を吸い上げて水分を得ています。しかし、永久に残そうとするとその水分は腐敗の原因になってしまいます。うまく乾燥させることによって水分を飛ばせば長く持たせることができるのです。押し花も水取り紙などで水分を取ることによって残すことが出来る場合があります。木も植物です。成長するために、水分を得ています。切り倒した時はかなり水分を含んでいます。

木造の不動産には、木が使われます。もし切り倒した直後の木を使ったらどうなるでしょうか。水分があるために腐敗してしまうかもしれません。それ以外には水分が抜けて痩せてしまうことがあります。そうならないように、予め十分乾燥させてものを使うようにしています。そうすれば、建物に使ったとしても痩せることはありません。そのまま使うことができるのです。木材に水が含まれているかどうかは、含水率によってわかるようになっています。

どれくらいなら良いかですが、20パーセント未満であれば合格とされています。かなり水分がない状態です。こちらを調べるための機械については、わざわざ買うのは大変です。専門業者に依頼をして調べてもらいます。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.