不動産鑑定士の大切な役割

不動産に関する資料として設計に関するもの

絵を描くときに、下書きをする人もいれば、直接作成する人もいます。下書きをしているかどうかで完成度は変わってきます。しないほうが、芸術性が増すこともあります。芸術作品においては、どちらのパターンもあるのでしょう。絵を描く時などは一人で描くことになるでしょうが、ものを作るとなると役割分担がされています。設計をする人、材料を調達する人、実際に組み立てる人、検査をする人とバラバラになっていることもあります。

バラバラの人がきちんと仕事をするには、統一した資料が必要になるでしょう。建物の不動産に関する資料としては、設計に関するものがあります。建物をどこに建てるか、どのように建てるかもありますし、更に電気配線図なども必要になります。それらがあって、それらの専門家が仕事をすることができるのです。こういった資料の中でも、建物配置図や平面図、立面図などは実際の建物に近い情報を得ることができます。完成物件と比較しやすいのです。

それらを入手したなら、その通りに建てられているかを確認しましょう。自分一人で心もとない場合は、建築士にみてもらうこともあります。そうすれば問題があるなしについてもわかります。第三者に見てもらう方が良いです。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.