不動産鑑定士の大切な役割

不動産を使って学生アパートを建てよう

大きな大学の近所に余っている不動産を所有している人は大チャンスです。駐車場にしないで学生専用の格安アパートを建てることで、学生さんをたくさん呼び込みましょう。大きな大学があるということは、それほど多くの学生さんが在籍しています。その中には、きっと地方から出てきている下宿組も交じっています。このお金がない時代ですので、親御さんとしてはできるだけ家賃が安いところで下宿をしてほしいと考えているはずですので、ここで不動産を活用して学生専用の格安アパートを建設してみませんか。

学生専用のアパートを建設して、学生さんを迎え入れると確実に4年間は住んでくれます、何かない限り4年間ずっと家賃収入を得ることができるのです。そして卒業してからも新しく地方からやってくる下宿が必要となる新入生を招き入れると、さらに4年間家賃収入を得ることができるのです。こうして大きな大学の近所に学生専用のアパートを建設することで長期にわたって家賃収入を得ることが見込まれます。普通の駐車場にするよりもずっと利回りが良いですし、大学にも少なからず貢献するk十ができるのです。学生さんを相手にできる不動産投資をするのも良いと思いませんか。

住まいでも話題のこのネタ、以下のWEBサイトでチェック



Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.