不動産鑑定士の大切な役割

不動産を活用してアパート経営

不動産がある人は普通に自分たち家族が使う一戸建てを立てるのではなく、何か長期にわたって収入が見込めそうな建物を作ったほうが賢いでしょう。大きなマンションを建てることはできないけれども、ちょっとしたアパート程度だったら立てることができる余裕のある不動産を所有しているのでしたら大チャンスです。アパートと自分の自宅を一緒に建設してしまいましょう。最近では一戸建ての自宅とアパートが一緒になっている物件を見かけることがあります。きっと大家さんは隣の一戸建ての方だと思われます。アパートでしたら維持管理もマンションと比べて負担は少ないのでまだ不動産経営をやりやすいでしょう。

不動産があることで自分の一戸建てを手に入れることもできるし、隣接してアパートを建設することだってできるのです。毎月決まった家賃収入を手に入れることができるので、不況の時でも安心してお金に困らずに生活を送ることができます。家賃収入で得たお金はアパートの修繕管理費に回したり、アパート建設の時に利用したローン返済に充てても良いでしょう。不動産を効率よく運用することで、自分達にもどんどんお金が入っていくようになっていますので、是非有効活用していきましょう。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.