不動産鑑定士の大切な役割

不動産の気象情報について調べる

以前は天気予報といえば都道府県で1箇所しかされなかったことが多かったです。広い都道府県では北部と南部に分けてくれることもありましたが、狭いところなどは一つになっていたのです。しかし、南端と北の端ではかなり気候が異なることがあります。更には、山地と平地、盆地などでも条件が変わってきます。もちろんそんな細かいところまで対応してくれませんでした。今はどうでしょうか。テレビではだいたい都道府県ごとの情報にとどまっています。

今は郵便番号を入力して天気予報を知ることがあります。実際にその郵便番号の地域だけの情報か、もう少し広い範囲なのかはわかりませんが、かなり細かいところまで知れるようになっているのは事実です。気象に関する測定値を増やし、その情報をネットワークで集めて提供するようにされています。不動産を購入するときに、そういった情報を手に入れるようにします。その土地の気温の状況であったり、日照時間などについて知ることができます。

天気予報でも出される花粉症情報があります。こちらも地域によって差があると言われます。風向きなどが影響するでしょうから、多いところと増しなところがあるようです。花粉症の人なら少なめのところを選ぶのが良さそうです。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.