不動産鑑定士の大切な役割

売建の不動産は間取りの融通性を見る

メーカーを指定して購入する場合は直接メーカーと取引をしたり、代理店を利用したりすることになります。それ以外においては、自由に色々なメーカーから選べることがあります。好みのメーカーであったり、自分の好みのものを売っているメーカーを利用することがあるかもしれません。自由にメーカーを選びたいと思って行ったのに、結局はある固定のメーカーしか利用できない、選べないといったこともあります。それが好みのメーカーなら問題はありません。

不動産において、売建の物件があります。これは建築条件付きの土地のことです。売られているときは建物などは建てられておらず、更地の状態になっているでしょう。建築条件付きとは、建築メーカーが決まっていて、そちらと建物を建てる契約を結ぶ条件で土地を販売してくれるものです。そのために建築メーカーを選ぶことはできません。好みの建築メーカーでないからと諦めるとするともったいないです。まずは話を聞いてみるようにしましょう。

メーカーによって違いはありますが、選べる建物については種類が豊富なことがあります。間取りなども選べますから、希望があればそれを伝えることもできます。注文住宅まではいきませんが、融通がきくこともあります。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.