不動産鑑定士の大切な役割

鉄道会社が絡む不動産の大規模開発

鉄道会社が運営する会社として知られるのがデパートです。多くのデパートにおいては、鉄道会社が資本に入っています。ターミナル駅をデパートの地下に設置し、デパートに来てもらおうとしたのでしょう。基本的には鉄道の利用を促すための事業が行われるので、その他にも遊園地を経営したり、プロ野球球団を経営したりしているようです。それらに行くために鉄道を利用することになり、沿線の活性化が行われます。より利用者が増えるのです。

その中でもより行われるのが不動産の開発になるでしょう。人が住みたいところとしては、利便性の良い所を選ぶことになります。都市部に近いところですが、その地域は限られています。となると、都市部まで早く行ける場所が注目されます。鉄道ができたり、鉄道がある近くにあれば利便性も高まるのです。多くの人に住んでもらえれば、その人達が鉄道を利用するようになり、運賃収入を上げることができます。すべての人に得になるのです。

鉄道会社が開発する場合においては、その鉄道会社が何らかの交通網の整備をしてくれることがあります。駅から離れていても、バスの運行をしてくれることがあります。将来的に鉄道が伸びてくることがあるかもしれません。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.