不動産鑑定士の大切な役割

不動産売買のローン条項を見る

金融機関の競争も激しくなっています。都市銀行主導で横並びだった時代が懐かしいです。そういった時は、ある都市銀行の口座を持っていれば足りました。その他の銀行の口座を持っていても、手数料も、金利も同じだったので特に複数もつ必要がなかったのです。今は預けるのはここ、振込はここ、借りるのはこことお得なところを利用するようにしています。いろいろな取引をまとめることで得になるようにしているところもあります。うまく選びたいです。

不動産売買を行う上で、支払いに住宅ローンを使うことがあります。この時は金利の低いところなどを使うことになるでしょう。事前に色々な金融機関をまわって決めておくようにします。決めると言っても契約ができないと確定まではいきません。あくまでも選定です。しかし、ローン条項に合わないと自分の意図しない金融機関でローンを組まなければいけないことがあります。そうならないためにも、どのようにしてもらう必要があるかです。

借りられなかった時として、契約を白紙にしたり、手付金の返金についてなどを記してもらいます。金融機関の候補についても、複数上げておき、それがダメだった時には白紙に戻すなどです。実行日などの記載も必要です。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.