不動産鑑定士の大切な役割

不動産購入が叶わない人とは

不動産を購入する時には大きなお金が必要になるので、そのお金を現金で持っている人であれば何も問題ないですが、ほとんどの人が持ち合わせがありませんので、住宅ローンを組んで不動産を購入します。しかし、なぜかその住宅ローンの審査に落ちる人がいるようです。そういった人はどんな人なのかを調べてみました。住宅ローンの審査には必ず金融機関の申込書を記入して提出しています。その書類の中に個人情報の取扱いなどに関して同意を貰って審査するというものを記入していると思います。その書面の中に金融機関として個人情報はどのように利用しますということが係れています。その利用方法にはローンの利用状況などの信用情報を確認する旨が書かれています。したがって審査時のローン利用状況に問題があれば審査に落ちてしまいます。ローンの利用状況なので昔に利用していたものは関係ないように思われがちですが、昔に利用していたローンでも遅れていたようなことであれば審査に落ちることもあるようです。

さらに、信用情報に問題が無くても審査に落ちる人もあるようです。なぜかは金融機関の審査内容なので詳しくは教えて貰えませんが考えられることとしては、勤務先の状況や年収などの収入状況や建物の担保評価が低い場合などには審査が難しいことがあるようです。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.