不動産鑑定士の大切な役割

不動産取引で重要事項説明されないことを知っておく

資格試験の勉強をする時、事前に試験範囲などについて知らされることがあります。それだけ見ると非常に膨大な量なことがあります。独学で何も知らずにやろうとすると、全てを丸暗記しようとするかもしれません。資格の学校にいくと、どういったことが試験に出されるかの分析をしてくれています。試験範囲に入っていても出題されないものもあります。一方明確に範囲に入っていなくてもよく出るものもあります。それがわかれば対応ができます。

不動産取引では、重要事項説明があることを知っておきましょう。更に知っておきたいこととして説明されるべきことと説明されないことについてです。あれば必ず説明されることできになる部分がないときは、その部分について確認することができます。そうすることで、漏れていたり、欠落していた時は追加してもらえることもあります。知らなければそのまま契約してしまうことがあります。事前に知っているからこそ対応できることです。

自分にとっては重要でも重要事項説明には説明されないことがあります。そのように決められていないからで、それについては事前に知ることができます。重要事項説明までに自分で調べて、納得できるようにしておきます。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.