不動産鑑定士の大切な役割

不動産の重要事項説明でローン不成立時のこと

会社には一流企業と言われるところもあれば、二流三流と呼ばれるところもあります。株式を上場していると一流として言われることもありますし、業界のトップに立っていれば一流と呼ばれることもあります。誰が聞いてもその社名が思い出せるぐらいであれば一流と言っても良いかもしれません。一流企業の良い所としては、将来も安定していることです。また給料等についてもそれ以外の会社に比べるとより高く支給していることがあります。

不動産を購入するとき、ローンを組む場合があります。いつ組むかですが、契約がすべて終わった後です。事前に重要事項説明を受けて、その内容を理解し、そしてローンの話になります。もし予定していた金融機関において審査がおりなかったとしたらどうなるでしょうか。一流企業や公務員でないと貸してくれないとのことです。残念ながら二流企業なのでそこで落ちてしまいました。後の金融機関は金利が高くて負担が大きくなってしまいます。

重要事項説明においては、ローン不成立時のことについてあるかどうかを確認しましょう。もしなかったら、何が何でもローンを組まなければならなくなります。金利が高いからといって取引をやめることができなくなるのです。

住まいでも話題のこのネタ、以下のWEBサイトでチェック



Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.