不動産鑑定士の大切な役割

不動産取引の重要事項説明は専門用語が並ぶ

専門的なコンピュータシステムを販売するような場合、営業担当者が専門用語を並べて説明するようなことがあるそうです。いかにもいろいろなことができるように言って、買わせようとするトークです。こういったことではなかなか販売することはできません。お客さんの立場に立って、お客さんがわかりやすいように話をすることが大事です。そういったお客さんの中には、わからない言葉などを自分で調べて勉強してくれるような人もいます。

不動産の取引においては、表向きは住宅の物件を選んで、その実物を見て、売買の契約をすることになります。気に入ったものを買うだけの感覚ですが、あまり安易に行なってはいけません。思っていたものと違うこともあるのです。そのようなことがないように説明をしてもらえるのが契約前に行われる重要事項説明になります。仲介業者の中の有資格者によって行われるものです。それを聞くことで問題点などがあればそれを指摘して納得するようにします。

この説明は誰でもわかるように噛み砕いて行われるものではありません。一般に行われる説明になりますから、初めて契約をする人にはわからない言葉、専門用語もたくさん出てきます。事前に調べる必要があるでしょう。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.