不動産鑑定士の大切な役割

不動産を購入したら所有権移転登記

仕事などで毎日のように専門的なことをする場合があります。この場合、毎日同じようなことをしていますから、その手続については方法などを知っています。専門家などに聞かなくてもわかるようになっているのです。しかし、一生に一度するかどうかや、数年に一度、1年に一度のようなことの場合、そのたびごとに方法を思い出さないといけないことがあります。となると、手間がかかることがあります。それなら専門家にしてもらったほうが早く済みます。

不動産を購入したらすぐに行うこととしては所有権移転登記があります。法務局に行って行うものです。事前に物件の登記簿は取得していると思います。登記をすることによって、最後の所有権移転のところに自分の名前が記載されるようになれば問題はありません。もし、契約をしてお金を支払っただけの場合どういうことが起こるのでしょうか。売主が別の人に売却をして、その人に登記されてしまうことがあります。そうなると支払ったお金が損になってしまいます。

登記に関しては自分で行うこともできるのですが、専門的知識も必要で時間がかかります。時間をかけてはいけないのにかかってしまうのです。このようなときは、司法書士に依頼をします。業者の提携しているところを紹介してもらうこともあります。


Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.