不動産鑑定士の大切な役割

不動産の中の住宅では窓周辺に歪みがないか

何かをはめるために穴を開けることがあります。はめるために開けるのですから、ピッタリにしなければいけません。そうしなければ、はまらなかったり、ハマってもグラグラの状態になるかもしれないからです。穴を開けて、削ったりして、いざはめてみます。このときにきれいに入ってくれると気持ちが良いものです。茶筒を作る職人さんは本体と蓋とを別々に作ってあとで合わせるそうです。空気が入らないようにピッタリ作る技術が求められるそうです。不動産の住宅でもいろいろなものをあとからはめていくことになります。設計通りに穴を開けたり、枠を作ったりしておきます。そこに窓をはめ込むのです。きちんとはめ込み、その周りを固めることによって固定されます。そうすれば窓は外れませんし、隙間風なども入ってきません。

ではきちんとハマっていることをどのようにして見るかになります。そのときに使うと良いのが水平器と呼ばれる道具です。工具などを売っているところにあります。それを窓枠などに置いて水平かどうか見てみましょう。歪んだりしていれば水平でないことがわかります。うまくはまっていない、無理やりはめ込んでいる状態になっているのです。それは問題ですから、しなおしてもらいます。

住まいでも話題のこのネタ、以下のWEBサイトでチェック



Copyright(c) 2018 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.